読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rvmからrbenvに乗り換える

ruby

みんなrvmよりrbenvの方がイイヨって言うからrbenvに乗り換えることにした。

rvmのアンインストール


seppukuコマンドでrvmをアンインストールする。
なんか潔くて、乗り換えるのに好きになりそう。
rvm seppuku

次に、rvmに関する設定を.zshrc/.bashrc から削除

[[ -s "$HOME/.rvm/scripts/rvm" ]] && source "$HOME/.rvm/scripts/rvm"</pre>

とか

rbenvのインストール

brew install rbenv


ruby-buildのインストール

brew install ruby-build

.zshrcに環境変数を設定

export PATH=$HOME/.rbenv/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"


使い方

  • インストール可能なRubyの一覧を確認する
rbenv install -l
  • インストール
rbenv install 2.0.0-p0
  • インストールしたRubyのバージョン一覧を確認
rbenv versions
  • Rubyのバージョン切り替え
rbenv global 2.0.0-p0
  • 特定ディレクトリでのRubyのバージョン切り替え
rbenv local 2.0.0-p0
  • インストールしたRubyやGemのパスを通す
rbenv rehash

gemとか入れたらいちいちrehashしないといけないみたいなんだけど、それを自動化するgemがあるのでいれる。

gem install rbenv-rehash

あと、"rbenv"って打ちにくいので"re"にaliasを設定しておいた。

alias re=rbenv

参考


Ruby 2.0.0-p0インストール(Mac OS X 10.8.2) #Ruby #bundler - Qiita
rbenvのコマンドメモ