読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacからWindowsマシンにRDPする

最近お仕事でiOSアプリを作ることになり、開発はMac、事務作業などはWindows、と使い分けなきゃいけなくて面倒だなーと思っていたのですが、 調べていたらMicrosoftからアプリが出ていたので利用してみました。

以下からMicrosoft Remote Desktopをダウンロードし、インストールします。

起動したら、New から新規のRDP接続を作成します。

f:id:tenten0213:20161114122619p:plain

以下のように、接続先のPC名、User/Passを入力します。

f:id:tenten0213:20161114122702p:plain

証明書が無く安全でない旨のメッセージが出ますが、 Always Trustのまま Continue します。
(ここは自己判断で)

f:id:tenten0213:20161114122522p:plain

すると、WindowsにRDPされて画面が表示されます。

f:id:tenten0213:20161114122909p:plain

ファイルを共有する

WindowとMacのRDP中のファイル共有も同アプリケーションで行えます。

対象の接続のRedirection を選択し、 Enable folder redirection にチェックを入れ、 +から共有するフォルダを追加します。
今回はユーザ直下にshareというフォルダを作成しました。

f:id:tenten0213:20161114123059p:plain

すると、WindowsにRDPした際に、以下のようにマウントしたフォルダが表示されるようになります。

f:id:tenten0213:20161114123126p:plain

ただ、Windows側からフォルダ共有してやる方が楽な気がします。